2012年12月17日月曜日

Failure photography 0001

今回のエントリータイトルの Failure photography は直訳すると失敗写真術という感じですが、ようは失敗写真をあえてブログに取り上げて今後の撮影に生かそうというコンセプトです。 

やはり私は成功よりも失敗から学んでいくタイプの人間なので。

 初回は衆議院選挙当日に撮影した写真です。

 その日は新月に近い空の状態で家から空を見上げると雲がかかっていないように見えたので、機材を準備して夜の9時前に家を出発しました。星空を撮りたかったんですね。 

持っていった機材は三脚、D800、レンズは16-35、24-70です。 

星空と山を入れたかったので、いい場所を探して広域農道を車で走っていると、山肌にクレーンが見えてライトアップされていてとても幻想的だったので、クレーンと山と星空を入れて写真を撮ろうと思いました。




一枚目

DSC_3984 
こんな場所です。真っ暗なんでAFも効かないので、とりあえず撮って構図とか合わしていこうという魂胆です。



もうちょっと上のほうへ

DSC_3987 
車が通ったのでライトがうっとおしいって感じです。 構図的にはこんなもんかなって思うのだけど、車の軌跡は入れたくないんですよ、今回は。



車が入らない程度に上のほうへ

DSC_3988 
これで車が通っても大丈夫そうです。まだピントは合わせてません。



おうふ、まだ車のライトが入る・・・

DSC_3991 
ピントを合わせて、これでオッケーかなって思ったら、まだ車のライトが! 

5分に一回ぐらい程度しか車が通らないのにタイミングが悪い。20秒露出してるのでしょうがないといえばしょうがないですが。



さらに構図を上へ

DSC_3993 
ちょっとズームしてみました。これで車が通っても完全に大丈夫です。 

しかし、構図的にはもうちょっと緑の部分を入れたいな~



さらにズームを調整

DSC_4001 
すこし引きぎみにズームを調整しました。こんなもんかな。 

雲の感じが気に入らないので、ISO感度や絞りを調整して露出時間を短くして、雲がかからないように頑張ってますが・・・



あまりその効果はないなと・・・

DSC_4003 
この日は肉眼ではうっすら見えるような薄い筋雲がかかっていて、どうしても避けて撮影することが出来ませんでした。 

衛星が左上に入ってます。彗星ならいいけど、衛星はあまり絵になりませんね~



HDRで撮ってみたり

DSC_4005 
HDRで撮って彩度やコントラストを上げて現像してみましたが。どうしても雲の感じがダメですね~ 

雲もさらに厚くなってきたのでここで撮影を断念しました。



敗因

・雲ひとつない晴天の星空だと思って家を出たこと。 

・構図に失敗したこと。クレーンがメインなのにどんどん星空をメインに入れる構図になってしまった。

・夜間撮影に慣れていないこと。



いかがだったでしょうか? 

こういう感じで調整しながら写真を撮っています。 三脚を設置して写真を撮る時は数を打てば当たるって事はまったく無いので、ごまかしがききません。

気象の下調べと,
機材に対する深い理解とか習熟がより必要だなと感じます。

ちょいちょいこういう風に失敗写真を考察していきたいと思います。

0001とかつけてみましたが、そんなに続くかわかりませんけど、そしてそんなに失敗ばかりしていられないなと・・・

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for   WordPress, Blogger...