2013年2月27日水曜日

アンティフォグファインダーアイピースDK-17Aを購入したのでレビューしてみた!



D800用にファインダーの曇りを防止する、アンティフォグファインダーアイピース DK-17Aというのがあったので購入してみました。

ついでにファインダーを覗いた時に目の周りに入ってくる光を遮光してファインダーを見やすくする、接眼目当て DK-19というのも購入してみました。

いろんな撮影スポットにたどり着く為には、結構な距離を歩かないといけないこともありますよね。

私は身体の代謝がいいので、歩いていると汗をかくほど身体が熱くなることも多いです。この季節は身体が熱を持つと、カメラのアイピースが気温差で曇ってしまうこともたまにあります。

アイピースが曇らなければ拭く必要も無いので撮影リズムが良くなりますが、効果はどれくらいあるかレビューしたいと思います。

チョッパーのストラップはついて来ませんよ
接眼目当て #01




もともとついているアイピース
接眼目当て #02



アイピースシャッターを閉じるとアイピースのロックが外れるのでくるくる回してアイピースを外します
接眼目当て #03



これがアンティフォグアイピースと接眼目当てを取り付けた状態
接眼目当て #05



アイピースを閉じることも当然出来るので安心
接眼目当て #04



カメラバッグに入れる時はペコッと返して省スペース化する事も可能
接眼目当て #06


私はメガネをかけているので、この状態で使う事もあるかも。コンタクトの時は接眼目当てが飛び出した状態で使います。



取り付け方の説明書
接眼目当て #07
接眼目当て #08



取り付けは簡単ですが、上部画像の説明5の所が若干めんどくさかったです。ゴムがペロペロしてリングになかなかはまらず、ちょっとイラッとしました。


前々回のエントリーで紹介した花の文化園の時に初めて使用したんですが、温室に入った時にメガネは曇りましたが、アンティフォグアイピースは曇りませんでした。

熱い吐息を吹きかけても曇らなかったのでかなり優秀ですね。

購入する前はアンティフォグのコーティング的なものでファインダーが暗く見えたら嫌だなって思っていたけど、まったくそんなことはありませんでした。

ただ逆光でファインダーを覗いた時に光が乱反射して、ファインダー内が見えにくくなりますので、そこはマイナスポイントですね。

説明書を見ると指紋等の汚れがついた時は柔らかい布で拭きとってくださいとか、ホコリや水滴がついた時はブロワーで飛ばしてからティッシュ等で拭きとってくださいとか、拭き取る時は傷がつかないように注意してくださいとか書いてあるので、取り扱いには注意が必要かもしれません。


接眼目当ての方ですが、メガネをかけてファインダーを覗くと若干四隅が見えづらくなりますが、極端に見難くなる事はありません。

もともとのアイピースでメガネなしの状態で覗いても四隅はギリギリ見えるくらいなので、あまり気にしないようにしています。

期待していた目の周りの遮光性ですが、かなり良いです。ファインダーを覗いてマニュアルでピントを合わせる時にピントの山がつかみやすくなりました。

目の周りの光を遮光しているからこそ、ファインダーによけいな光が入らずクリアに見えるのだと思います。

私は利き目が左目で右目も閉じて撮影するので、感覚的には真っ暗な部屋でテレビを見てるような感じです。すごく撮影に集中出来ます。



アンティフォグアイピースは少々お値段しますが、山歩きをして撮影する方などにはオススメします。
新品価格
¥1,891から
(2013/2/27 03:25時点)



接眼目当ては安いですし効果も高いので試してみてはいかかでしょうか。
新品価格
¥527から
(2013/2/27 03:44時点)


いづれもニコンD800用に購入してますのでご注意ください。 

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for   WordPress, Blogger...