2013年10月11日金曜日

藤原京跡でコスモスを撮影してみた!


秋になって写欲が増して来たので、奈良県の藤原京跡でコスモスを撮影しました。

初めて行く場所はワクワクしますね。車で現地まで向かいましたが、大阪からは藤原京跡近くまでバイパスが通っているのでアクセスは良かったです。

また駐車場も無料ですし、藤原京跡資料館も無料ですのでお財布に優しくて良いです。


藤原京跡では季節によって様々な花が楽しめるのですが、今回は秋の代表的な花「コスモス」です。

大規模に咲いているコスモスを撮影するのは初めてなので、どういう風に撮影すれば良いかイメージが湧きませんでしたが、現地に行ってから考えようと思いました。

持って行った撮影機材はD800と16-35mm、28-300mmのレンズ、NEX-5と35mmレンズ、三脚です。




それでは写真をどうぞ!


辺り一面のコスモスは壮観!
DSC_9219
Nikon D800 1/400 f16.0 28mm ISO360


蝶々が沢山いるイメージ
DSC_9195
Nikon D800 1/400 f5.6 300mm ISO100


日の丸構図で一輪だけフォーカスするのも良い
DSC_9200
Nikon D800 1/400 f5.6 300mm ISO250


これはHDRで撮影
DSC_9193
Nikon D800 1/5000 f4.2 48mm ISO900

シャッタースピードを1/5000まで上げて、風が吹いてない瞬間を狙って撮影しましたが、それでも花が動いているんですね、うまく重ならずブレています。

しかし、変な立体感があるのであえて取り上げてみました。


こちらは多重露出で撮影
DSC_9196
Nikon D800 1/1250 f4.0 40mm ISO100 (カメラ内多重露出使用 2枚合成)

一枚目は普通に撮影して、2枚目はフォーカスを外してします。

ふんわりした感じは出せたと思いますが、よくみると中央右下の花が茎から折れちゃってますね。

これだけ大規模に花が咲いている場合は、撮影する花のチョイスも重要になってくる訳ですが、私は中央の花しか注目していなかったので、折れている花に気づきませんでした。

デジタル一眼レフカメラを使用してるのだから、撮った後に液晶で確認はしているのですが、細かい所も見ないとダメだな~って反省しました。


すすきとコスモスの共演
DSC_9209
Nikon D800 1/400 f11 170mm ISO280


この写真はけっこう好きかも
DSC_9208
Nikon D800 1/400 f5.6 300mm ISO140

RAW現像で大胆にいろいろ弄ったりしますが、レンズの周辺光量落ちや収差や歪曲はデジタル補正しないタイプです。


ここからはNEX-5と35mmf1.8のレンズの写真をどうぞ
DSC02276
NEX-5 1/4000 f1.8 35mm ISO200


平日でしたが、こんな感じで撮影されている方がちらほらいらっしゃいました。
DSC02279
NEX-5 1/4000 f1.8 35mm ISO200

年配の女性におねだりしてカメラを入れて撮ってみました。

このカメラはよく見ると液晶がついていないけど、フィルムカメラだろうか...


淡いピンクと白のコントラストが良い
DSC02282
NEX-5 1/2500 f1.8 35mm ISO200


3つの花の高低差を活かしてボケ味を楽しむ
DSC02281
NEX-5 1/1600 f1.8 35mm ISO200

APS-Cのセンサーサイズでもf1.8で寄ると結構良いボケ味が出ますね。

レンズが良いと多少カメラ本体が古くても十分に楽しめますね。

私の持っているNEX-5は約1400万画素でD800は約3600万画素ですが、パソコンで画像を拡大しない限りはあまり差を感じないですね。

重たいレンズとカメラを持って外に出かけるよりも、小さくてもボケ味を楽しめるレンズと小型軽量なカメラを持って出かける方が楽しいので、ちょっとカメラのシステムを再構築したいなって思ったりもします。


私が撮影に行った時は7分~8分咲きぐらいでしたが、10/12,13、14の三連休にはより満開のコスモスが見頃を迎えて楽しめるのではないでしょうか?

現地は足場の悪い所もありますのでスニーカーで行くのが良いと思います。

あと蚊がけっこういるので、服装は長袖長ズボンが良いでしょう! (≧∇≦)/


0 件のコメント:

Related Posts Plugin for   WordPress, Blogger...