2013年11月8日金曜日

四日市で夜景を撮影してみたが、いまいちグッと来る写真が撮れなかった話。


四日市の工場夜景は有名なので、一度は撮影したいと思っていました。横浜方面に行った帰りに四日市に寄ることが出来たので、まずは四日市ポートビルの14階にある「うみてらす14」に行ってみました。


DSC_9558




DSC_9564

DSC_9585


なぜ夜景じゃないのか、それはこの展望室の営業時間が17:00までだったからです!

ちなみに金曜日(7月~11月)、土曜日は21:00まで営業してるので綺麗な工場夜景が撮れることでしょう。

下調べせずに行ったのが悪かったですね、はい、下調べは重要です。


しかしこの展望室は四日市港の資料がいろいろ展示されていて面白かったです。


展望室中央にはこういうミニチュアもおいてある
DSC_9606


ちなみに駐車場は無料、展望室の入場料は大人300円、三脚の使用は「他のお客様の迷惑にならない範囲で使用可能」とのことです。

いつか曜日を調整して夜景リベンジを果たしたいところであります。


さあ気を取り直して次のポイントに行きましょう。

霞ヶ浦緑地というのがありまして、そこからの眺めが良いとの事で行ってきました。


霞ヶ浦緑地北東の岸壁からの眺め
DSC_9621


霞ヶ浦町北という交差点がありまして、その東側に霞ヶ浦緑地の駐車場があるので、そこに車を停めて、東に向かうとこのように水面にライトが反射する工場が撮影出来ます。


DSC_9623

DSC_9631


眺めが最高ですよ、ランニングしている人がいるぐらいで静かだし、落ち着いて撮影に集中出来ますよ。

落ち着いて撮影したわりには、同じような写真を量産してしまってるのはなぜでしょうか。


はい!という訳で次の撮影ポイントに行きましよう。

移動は駐車場に車を停めて折りたたみ自転車でいろいろなポイントを探しました。


次に行ったのは大正橋というポイント。
DSC_9641

DSC_9647


ここは橋の上から撮影するのは困難です。なぜなら車が通る度に橋が上下に揺れるからですね。

橋の南側に岸壁があるのでそこから撮影しました。

写真を撮る時は、一応芸術として残そうと思っていますが、こんなの記録写真ですよ。
情けないな~写真スキルが全然上がっていない自分に腹が立つのだ。


さあ!次のポイントに行きましょう。

丘の上に垂坂公園・羽津山緑地というのがありまして、そこからの街の夜景が綺麗だということで行ってみました。

とりあえず車に戻って折りたたみ自転車を積んで車で向かいました。

駐車場は無料、しかし展望台までの道に外灯が無いので、ライトを持って行くほうが良いでしょう。

私はカメラバックに常にライトを常備してますので問題無しでした。


スノークロスフィルターを使ってキラキラ感を出してみたり
DSC_9657


多重露出を使ってみたり
DSC_9674

小手先のテクニックに走ってしまうあたり、この時の自分のコンディションの悪さが伺えますね。


写真は撮る人の心や人物が出ると言われます。
この時の私は、普段なら感動出来る景色を目の前にしながら、被写体をよく観察もせず、小手先のテクニックだけで芸術的に見せようとして、よく考えずに撮影しようとしてますね。

疲れてたから早く大阪に帰ってベットでゆっくり寝たいとか考えてましたし。

もっと被写体と向き合わないといけないなって反省しました。




0 件のコメント:

Related Posts Plugin for   WordPress, Blogger...